CD感想『微笑みの爆弾/アンバランスなkissをして』
なんだか久々のCD感想です。
何気にレンタルもしてたりするけど書き忘れてたんで・・・

今日は『幽☆遊☆白書』の主題歌セルフカバーシングル。
まぁ詳しくはこちら

僕と同じ年代の人にはかなり懐かしい曲かと。
最近、幽白関連の商品多いしタイミング合わせてのリリースでしょうね。
このシングルはセルフカバーと言うことでオリジナルアーティストが歌いなおして、アレンジも変わっております。
あとREMIXも2曲。
これで1260円はお得かな。

さて、肝心の感想。
まずは馬渡松子の『微笑みの爆弾』
なんだか声が当時と変わってますがオリジナルのイメージもあっていい感じ。
アレンジはイントロ部分だけオリジナルを残して欲しかったけど。
この歌詞ってよく分かんないけどなんかいいんだよね。

続いて高橋ひろの『アンバランスなkissをして』
こちらは、ひろさんのセクシーな歌い方がそのままで懐かしく聞けますね。
サビの部分のアレンジが結構変わってますが、これはこれでアリかな。
ちょっとヴォーカル処理がかかってるのは気になるけど。

そして同じくひろさんの『太陽がまた輝くとき』
個人的に幽白主題歌で1番好きな作品。
3曲の中では1番オリジナルに忠実かな。
もうね~この曲は2番のサビ、♪忘れないで 忘れてくれのフレーズが最高!!
まぁ当時を思い出しつつ聞きましたよ。

あとREMIXの『太陽~』と『アンバランス~』ですが、こちらは個人的にはありです。
特に『太陽~』の出だしが好きですね。
オリジナルよりもアップテンポでダンスチューンになっているので、そっち系の音が好きならいいんじゃないかな。

とりあえず幽白好きな人にはぜひともお勧めしたい1枚!!

微笑みの爆弾
高橋ひろ 馬渡松子 馬渡松子 リーシャウロン 日比野則彦 高橋ひろ 山田ひろし 斎藤jake慎吾 DJ YEBISU TABATA / ソニーミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by seiryuu_haku | 2005-06-05 22:28 | 音楽
<< Here I Am @ ブラッ... W杯最終予選 日本 vs バーレーン >>