劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀
てなわけで日記にも書いたコナンの最新映画、水平線上の陰謀見てまいりました。

とりあえず劇場ではパンフ購入(笑)
さがせば今までの9冊全部出てくるはずだ。

まぁ予想通り小さい子達が多かったですね~(当然だ・・・)
入ったときは賑やかだったのに本編が始まると静まり返るからすごい!!
コナン君あんたすごいよ(笑)

今回もアクション性が高く見ごたえのある作品でしたよ。
前作よりも推理アニメっぽかったし(笑)

以下はネタバレありなんで反転してどうぞ~




そんなわけでネタバレ開始です。

まずCMやらで言ってた初のデュアルサスペンスってことですが、海上と陸上と言う意味ではどうなんですかね~
むしろコナンと小五郎のデュアルだったような。
てか、小五郎のおっちゃんカッコよすぎですから~
そりゃポスターにも載るわなって話ですよ!!
途中まで普通にいつものおっちゃんだったのに、後で行くって言ったあたりから人違いますやん。
てかやっぱ英理さんのこと好きなんですね~この人。
なんかコナン(新一)と蘭よりもおっちゃんとこの方が熱いぞ(笑)

アクションシーンとしても小五郎と秋吉の格闘シーンなんかも今までのコナンとは違った楽しさがあったし。
スピード感がうまく出てて良かったよね。
まぁシーンとしてあそこまで長く必要だったかは謎だが・・・

さて個人的にツボだったシーン。
これはやっぱ灰原がお風呂入るときに光彦に「一緒に入りたいの?」って言ったとこ。
あんた何言ってんですかo(_ _)ノ彡_☆
ん~灰原の正体が小学生じゃないだけに凄いセリフですよね。
笑えました。

あとは少年探偵団の3人がポーズ取るとこ。
DRAGON BALLのギニュー特戦隊を思い出したぞ。

今回は前回に比べて推理っぽかったのでなかなか良かったですね。
それでも僕の中でのベストは迷宮の十字路ですが。
いよいよ次回は10作品目と言うことでどうなるのか今から楽しみです。

[PR]
by seiryuu_haku | 2005-04-24 22:15 | 日々のおはなし
<< 武装錬金 終了・・・(*p_q) 連絡帳に本読み >>